そもそも、どうして白髪になるの?

そもそも、どうして白髪になるの?

 

今回の記事は、最近サロンワークの中で、年齢問わずに質問されることを記事に書きたいと思います♪

 

加齢により

メラノサイトの機能が低下することが原因

 

 

 

白髪は、平均的な女性だと30代後半から増え始めるといいます。

白髪は、毛球で髪がつくられるときに色素細胞である『メラノサイト』が、加齢や遺伝、何らかの原因により機能しなくなることが原因です。

髪の赤ちゃんには色がなく、周辺の色素細胞が色をつけることにより、美しい黒髪が生まれていたのです。

 

 

 

原因は、わかっているものの今はまだ対策がない白髪。

 

 

 

 

できるだけメラニンの活性を促すようにヘッドマッサージで頭皮の血行を良くする、髪にいい良質なタンパク質、亜鉛や鉄分などのミネラル分を含む食材をバランス良く摂るようにしましょう♪

fullsizerender-2

 

 

 

髪のリカバリーにオススメ食材あれこれ

 

 

 

髪にいいタンパク質を含む食材

イワシ、サンマ、アジ、サバなどの青魚類。牛肉は赤身、鶏肉はササミ、豚肉はヒレ肉など過剰に脂を含まない肉類。豆腐、納豆などの大豆製品。卵、チーズなど。

 

 

髪にいい亜鉛や鉄分を含む食材

メラニン色素をつくるために必要な亜鉛は、タコ、以下、干し桜エビ、そら豆などに多く含まれる。

またカキやホタテ、豚レバーなどの鉛は欠乏すると抜け毛や髪の色に影響する。

 

 

身近な食材が多いですよね。ぜひ、明日の献立に♪

参考にしてみてくださいね♪

 

 

 

 

2016-09-25 | Posted in BLOG, Q&ANo Comments » 

関連記事

Comment





Comment