髪や頭皮が変化するのはなぜ?

髪と頭皮が変化するのはなぜ??

 

 

 

大人世代の髪や頭皮の悩みは女性ホルモンの減少によるもの。

 

大人世代の髪や頭皮の変化は、女性ホルモンの減少により生じます。女性ホルモンのエストロゲンが年齢につれて減少、すると頭皮のコラーゲンの生成を促す働きや毛髪の成長期を持続させる働きを弱めます。

 

この女性ホルモンの低下は、髪や頭皮の場合、

 

 

 

平均で32歳から始まると言われています。

 

 

 

髪をつくる細胞の機能が活性化しなくなり、薄毛や白髪という現象が起こります。日本人女性は、10万本程度の髪が生えていると言われています。

 

髪がつくられるのは、頭皮の下にある真皮内の毛球という部分。

毛球内にある毛乳頭が毛細血管から髪をつくるための栄養を受け取り、毛母細胞がケラチンという物質をつくりだす。

 

 

 

これが髪の毛なのです。

 

 

 

『髪の一生(ヘアサイクル)は大体5年と言われています。この間に、成長期、退行期、休止期を経て、最後には抜け落ちます』

このヘアサイクルが、様々な原因で乱れてくると、髪が太く成長しないままに休止期を迎えて、細いままの髪で抜けてしまいます。

 

大人世代の女性が、髪が細くなった、髪のボリュームが減ってきた、と感じるのはヘアサイクルが短くなってきたからなのです。

 

みなさん、いかがでしたか?

少しでも、疑問解消につながれば嬉しいです♪

 

関連記事

Comment





Comment